学校日記

カテゴリ 件数 検索
カテゴリ:今日の給食
12月1日(木) 今日の給食

R4給食1201.jpg

【今日の献立】
・ピザトースト、牛乳、和風ポトフ

【栄養士からひとこと】
 今日から12月ですね。天気予報通り寒い日になり、ポトフのような煮込み料理がぴったりです。ポトフはフランスの家庭料理の一つで、「ポト(pot)」は鍋や壺、「フ(feu)」は火のことで、「火にかけた鍋」といった意味になるそうです。フランスでは、牛肉の塊肉と大きく切った野菜類を、じっくり煮込んで作りますが、日本では牛肉の代わりに豚肉やベーコン、ウィンナーを入れて作ることが多いようです。
 今日は、鶏肉、和食の定番の食材の大根や白菜、しいたけを入れて和風にしました。大根と白菜は、和食だけでなく洋風のスープの味付けにもよく合います。冬が旬でおいしい時期になった野菜がたっぷり食べることができるお料理です。

公開日:2022年11月30日 13:00:00
更新日:2022年12月01日 11:51:34

カテゴリ:今日の給食
12月2日(金) 今日の給食

R4給食1202.jpg

【今日の献立】
・こぎつねご飯、牛乳、さつま汁

【栄養士からひとこと】
 さつま汁は、名前からさつまいもやさつま揚げを入れた汁物とイメージしますが、実はそうではなく鶏肉を使った具だくさんなみそ汁です。さつま(薩摩)とは鹿児島県の西部のことで、古くから鶏肉を食べる風習がありました。鹿児島県では江戸時代に闘鶏が盛んに行われていて、闘鶏で負けた鶏を野菜といっしょに手早くごった煮にされたのが始まりのようです。里芋やかぼちゃを入れる家庭が多いそうですが、給食ではさつまいもを入れました。

公開日:2022年11月30日 13:00:00
更新日:2022年12月02日 12:03:48

カテゴリ:今日の給食
11月14日(月) 今日の給食

R4給食1114.jpg

【今日の献立】
・さつまいもご飯、牛乳、鶏肉の香草焼き、厚揚げと野菜の味噌汁

【栄養士からひとこと】
 さつまいもは、中国から日本に伝わりました。琉球(今の沖縄)から薩摩(さつま)(今の鹿児島)に伝わったので、さつまいもと呼ばれています。中国から伝わったいもなので唐(から)藷(いも)とか、中国と同じく甘藷(かんしょ)とも呼ばれていたそうです。また、今の埼玉県川越市あたりはさつまいもの産地で、江戸から十三里(じゅうさんり)の所にあったので、ここから来る焼きいも屋のことを「十三里」とよんでいました。現在では生産量1位は鹿児島です。食用にするほかに、澱粉や焼酎などの加工品にも多く利用されているようです。

公開日:2022年11月14日 11:00:00
更新日:2022年11月14日 12:10:37

カテゴリ:今日の給食
11月15日(火) 今日の給食(はこねランチ)

R4給食1115.jpg

【今日の献立】★小中一貫共通献立
・煮込みうどん、牛乳、★かまぼこ入りかき揚げ、マスカットゼリー

【栄養士からひとこと】
 今日11月15日はかまぼこの日です。平安時代の1115年、宴会料理を記録した公文書に初めてかまぼこが登場したことを記念し、「1115年」を「11」と「15」に分け、日本かまぼこ協会が11月15日をかまぼこの日と制定しました。
 かまぼこは健康維持に欠かせないタンパク質を豊富に含む、栄養価の高い食材です。また、低カロリー、低脂肪な食品でもある食材でもあります。
 今日のかまぼこは小田原産ものです。野菜と一緒にかき揚げにしました。

公開日:2022年11月14日 11:00:00
更新日:2022年11月15日 12:02:20

カテゴリ:今日の給食
11月16日(水) 今日の給食

R4給食1116.jpg

【今日の献立】
・ご飯、牛乳、さんまのかば焼き、筑前煮

【栄養士からひとこと】
 さんまは、秋の味覚のひとつです。「かば(蒲)焼き」という名前の由来は、うなぎのぶつ切りを串に刺して焼く様子が、蒲(がま)の穂に似ているから『がま焼き』と呼ばれ、転じて『かば焼き』になったのだそうです。はじめは、うなぎを丸のままぶつ切りにして、串に刺して焼くのが一般的だったようですが、江戸初期の元禄時代になると、うなぎを開いて串に刺して焼く調理法に変わりました。開いて串に刺すと、蒲の穂といったイメージではなくなりますが、『うなぎの蒲焼き』という呼び方はそのまま定着しました。現在では、細長い魚などを開いて串を打ち、タレを塗りながら照り焼きにする調理法を『蒲焼き』と呼ぶようになっています。

公開日:2022年11月14日 11:00:00
更新日:2022年11月16日 12:52:52

カテゴリ:今日の給食
11月17日(木) 今日の給食

R4給食1117.jpg

【今日の献立】
・コッペパン、牛乳、マカロニグラタン、キャベツとベーコンのスープ

【栄養士からひとこと】
 学校のマカロニグラタンは、クリームシチューと同じようにホワイトソースを小麦粉とバターと牛乳から手作りをしています。炒めて煮込んだ鶏肉と野菜に茹でたマカロニとホワイトソースを合わせ、カップに入れパン粉とチーズをかけてオーブンで焼きます。手作りのホワイトソースがとてもおいしいです。「グラタン」は、フランスの郷土料理から発達した料理で、「オーブンなどで料理の表面を多少焦がすように調理する」という調理法とその調理法で作られた料理の両方を意味するそうです。(ホワイトソースは、フランス語ではベシャメルソースといいます)

公開日:2022年11月14日 11:00:00
更新日:2022年11月17日 11:45:41

カテゴリ:今日の給食
11月18日(金) 今日の給食

R4給食1118.jpg

【今日の献立】
・ご飯、牛乳、親子煮、豆腐の味噌汁

【栄養士からひとこと】
 親子煮はご飯にのせると親子丼ですが、時々ご飯にかけるどんぶりご飯は苦手と言われることがあります。(どんぶりご飯最高!の私には?です)カツ丼にしないでカツ煮とご飯、天丼にしないで天ぷらとご飯など別々にたべるものもたくさんあります。白いご飯とおかずを口の中で合わせる口中調味というのは、和食の特徴の一つです。ご飯やおかずなどを交互に食べ、よくかんでゆっくりと味を混ぜ合わせることで、その広がりを楽しむ口中調味を給食で経験できるといいなと思います。

公開日:2022年11月14日 11:00:00
更新日:2022年11月18日 11:58:34

カテゴリ:今日の給食
11月19日(土) 今日の給食

R4給食1119.jpg

【今日の献立】
・ナン、キーマカレー、牛乳、じゃがいものガーリックソテー、ヨーグルト

【栄養士からひとこと】
 ナンはインドやその周辺国で食べられています。そしてインドといえばカレーが思いうかびますが、日本で食べられているカレーとはだいぶ違うようです。日本のカレー粉に入っているターメリックやクミン、こしょうなどの香辛料を使ったスープや煮込み料理や炒め物で、それぞれの料理名があります。そして、インドでは、「ダヒー」と呼よばれるヨーグルトがよく食べられていて、家庭で牛乳から手作りすることが多いそうです。ダヒーはそのまま食べるだけでなく、肉や野菜のにこみ料理に入れたり、タンドゥリーチキンなどのグリル料理の味付けに使われたり、直接お料理にかけて食べるそうです。

公開日:2022年11月14日 11:00:00
更新日:2022年11月19日 12:06:53

カテゴリ:今日の給食
11月22日(火) 今日の給食

R4給食1122.jpg

【今日の献立】
・ジャージャー麺、牛乳、中華スープ

【栄養士からひとこと】
 ジャージャー麺は中国の料理の一つで、ひき肉を豆味噌や甜麺醤などで炒めた肉味噌をゆでた中華麺にのせたものです。この肉味噌を  といい、日本に渡るときに発音が変化していき、ジャージャー麺と呼ばれるようになったようです。中国以外にも香港や台湾、韓国でも食べられています。冷たい麺が一般的ですが、給食では温かい麺にしています。

公開日:2022年11月14日 11:00:00
更新日:2022年11月22日 12:04:06

カテゴリ:今日の給食
11月24日(木) 今日の給食

R4給食1124.jpg

【今日の献立】
・玄米パン、牛乳、ポークシチュー、ハムと野菜のソテー

【栄養士からひとこと】
 玄米パンには、玄米が粒のまま入っています。玄米は、白米よりもビタミン・ミネラル・食物繊維を豊富に含んでおり、人間が健康を保つために必要とされる栄養素をほとんど摂取できるため、完全栄養食と言われています。昔の人が、「一汁一菜」でも健康でいることができたのは、玄米を主食にしていたことは大きかったようです。そして、玄米は白米よりもかたく噛む回数が増えることも、歯や口の健康のために良いです。
 玄米を少しずつでも毎日の食事の中に取り入れるようにしたいですね。給食では、発芽玄米を混ぜた玄米ご飯も取り入れています。(私は数年前から玄米ご飯を取り入れているのですが、香ばしくて味わい深いおいしさがあります。ぜひ試してみてください!)

公開日:2022年11月14日 11:00:00
更新日:2022年11月24日 11:50:36