学校日記

カテゴリ 件数 検索
カテゴリ:各学年の様子
箱根町小中学校合同キャンプ

支援級キャンプ.jpg

 毎日暑い日が続きます。登校してくる子たち、休み時間に校庭で遊ぶ子たちが設置してある温度計で気温を確かめて通過する風景が当たり前となっています。まだ休み時間にマスクを着けたまま遊ぶ子がいて、昼休みには教務のKB寺先生の「マスク外してーっ!」という声が響いています。連日学校での熱中症事案の報道が相次いでいますので、これからも十分注意を払っていきたいと思います。

 さて、この猛暑の中ではありましたが、昨日箱根町の特別支援学級の合同キャンプが湖尻の芦ノ湖キャンプ村にて行われました。例年は宿泊をするのですが、コロナ禍で今回も昨年度同様にデイキャンプとなりました。出発にあたり、森の子の子供たちがあいさつに来てくれましたので、「ほかの学校の友達を作ってこよう」と伝えました。思えば昨年度はクマの糞が湖尻で発見されたということがあり、中学校でボッチャを楽しむ交流ができただけでした。それに比べると今回は野外炊事(と言っても宿泊学習と同じ、レトルトカレーですが)を経験できましたので、ようやくキャンプらしい活動ができました。
 芦ノ湖キャンプ村に入村すると、さっそくその野外炊事が始まりました。火おこしが大変でしたが、グループに分かれて経験ある高学年の子供たちや中学生の先輩たちがリードしてくれました。みんなで協力して作ったカレーは特別おいしかったことでしょう。昼食の後は片付けをして退村式を行い、芦ノ湖キャンプ村を出発しました。短い時間での活動でしたが、来年度につながる一日となりました。
 
 今日の朝、森の子の子供たちが畑で収穫したピーマンを見せにきてくれたので、キャンプの感想を聞いてみました。「火おこしは宿泊学習の経験が役立った」「思っていたほど暑くなかった」「友達は少しだけできた」「来年は泊まりたい」とのことでした。楽しい時間が過ごせたようです。来年度はコロナ禍が終わり、キャンドルファイヤーや宿泊などが復活できるとよいと思います。

公開日:2022年07月01日 09:00:00
更新日:2022年07月01日 11:51:48

カテゴリ:各学年の様子
メダカの成長を願う

メダカ-1.jpg

メダカ-2.jpg

 5年生が理科「メダカのたんじょう」の学習で、メダカの成長の様子を毎日観察しています。先日、観察していたメダカがたくさんの卵を産みました。「お腹にたくさんの卵が付いている!」、発見した子供たちは嬉しそうに自分たちの発見を担任に報告していたそうです。
 そして、いよいよ卵の観察を授業の中で行うことになりました。教科担任の仙小・W邉先生は、電子顕微鏡を使って授業をされています。メダカの卵は小さくルーペで見てもよく分かりませんが、電子顕微鏡を大画面でつないで見せるととてもはっきりと卵の様子が観察できました。
 その後卵は孵化して、子メダカがたくさん誕生しました。「かわいい」「小さい」「えさは?」などと、子供たちは日々水槽にピッタリ顔を付けながら、子メダカの成長の様子を見守っています。生命の誕生や生命が育っていく様子を間近で観察した子供たちは、今まで以上に命の大切さを実感したことでしょう。順調にすくすく育ってくれるとよいですね。

公開日:2022年06月29日 10:00:00
更新日:2022年06月30日 12:02:10

カテゴリ:各学年の様子
町たんけん再開はいつ

2年宮城野たんけん.jpg

 6月14日(火)に宮ノ下地区でツキノワグマの出没が確認されました。ちょうど職員室でも「去年の今頃はクマ騒ぎで、校外学習や支援級のキャンプができなかったね」と、話題にしていたところなのでショックでした。この情報を受けて、2年生の大平台地区の町たんけんなどが中止となりました。2年生は先日、宮城野地区の町たんけんに出かけ、とても楽しく学習をしてきましたので、余計に残念な出来事でした。しかし、子供たちの安全確保のためにはやむを得ません。

 さて、その2年生の町探検ですが、担任のO津先生から「宮城野の町探検の写真をフォルダに入れてあります」と声をかけてもらったので、早速見てみました。写真には子供たちが地域のお店を見付けたり、自然とふれあったり、足湯につかっていたりする様子がたくさん写っていました。特に足湯は「あったかい」「気持ちいい」「ずっと入っていたい」と、大満足だったようです。O津先生も保護者の方々にその様子を詳しく伝えたかったのか、学級便りの増刊号を発行されていました。
 宮城野地区のたんけんは、「箱根の魅力」「地域の魅力」を存分に味わえて、とても楽しく充実したたんけんとなりました。子供たちはそれだけに、大平台地区のたんけんを楽しみにしていたはずです。今後昨年度のように出没情報が続かないことを祈るばかりです。果たして町たんけんの再開はいつになるのでしょうか。

公開日:2022年06月22日 12:00:00
更新日:2022年06月24日 12:30:39

カテゴリ:各学年の様子
箱根町議会を見学

議会見学040615.jpg

 一昨日の15日(水)に、6年生が校外学習で町役場と町議会本会議の見学に出かけました。箱根町では町内の6年生が議会の役割や仕組みを学ぶために、このような機会を設定しています。この日は町内の6年生約40名が集まり見学をしました。議会見学はここ2年間できていなかったので、3年ぶりの実施になります。特に議会を傍聴する機会は子供たちにとって貴重な体験ですので、今年度実施できて本当によかったです。
 議会見学後に子供たちの感想が回議されてきましたが、「質問や答えが簡潔にまとまっていてすごい」「学校の事や高齢者のことなど、話す人がいろいろな情報をもっていてすごい」など、驚いたことがたくさん書かれていました。自分たちが運営している児童代表委員会などと比べながら感想を書いていた子供もいました。「〇〇課などの名前が書かれているやつ(氏名票のことかな?)など、いろいろなところに寄木細工が使われている」ことにも気付きました。

 町の代表の方々が、町の事について真剣に考えて話合いをしている様子を生で感じることができ、子供たちにとって有意義な一日となりました。対応してくださった箱根町の職員の方々、大変ありがとうございました。

公開日:2022年06月17日 10:00:00
更新日:2022年06月17日 12:26:09

カテゴリ:各学年の様子
学級目標の掲示物

学級目標2.jpg

 「今頃、学級目標?」という先生もいるかもしれませんが、本校ではわりとゆっくり各学年の学級目標が決まっていきます。子供たちが自分たちの集団を見つめ、具体的な目標を設定することを大事にしているのでそうなります。

 先週の水曜日、1年生教室の前を通りかかったとき、ちょうど学級目標の掲示物を先生が貼っているところでした。「なかよし かっこいい ぴかぴか 1ねんせい」、一文字ずつ分担してクレヨンで書いてある掲示物でした。目標は自分たちで話し合って決めたそうです。自分たちで考えみんなで作った学級目標、大事にしてほしいと思います。

 1年生のおたよりには、「ただ掲示しておくのではなく、適宜振り返りを行いながら、子供たちと共に、目標達成に向けて取り組んでいきたいと思います」という担任の先生の言葉がありました。せっかく作った学級目標が飾りでなくなるために、これから様々な場面で成果を確かめていく機会を繰り返し設定していくことが大切です。3学期の終わりには、学級目標を達成できた子供たちが自分たちの成長を実感する、そのような姿を期待しています。

公開日:2022年06月16日 11:00:00
更新日:2022年06月22日 14:07:35

カテゴリ:各学年の様子
お茶の飲み比べ

5年お茶.jpg

 今年度になってもコロナ禍は続いていますが、学校においてはできる学習活動は方法を工夫して取り組んでいます。昨日の通勤途上ラジオを聴いていると、「給食時の黙食をやめる」という自治体や「黙食は継続するが、机を向かい合わせて食べるのはOK」とする自治体が出始めたという話題があがっていました。「黙食はやめるが、机の向きは前を向いたまま」というところもあるということを聴いて「?」と思いましたが、平時に戻るためのステップとして見直しの検討が始まっていることは分かりました。相手の表情を読みながら食事ができる機会は大事ですが、会食時は感染リスクが高いため、学校での黙食についてはまだまだ迷走が続くことでしょう。

 そんな中、先日5年家庭科の調理実習がありました。お茶を飲み比べる学習でしたが、机上の学習とは違い、実際に安全に気を付けながらガスコンロを使い熱いお湯を扱い、自分たちでお茶を淹れ飲む活動を通して、子供たちは失敗もしながらいろいろなことを学びます。実習の回数を重ねるたびに食器や道具の準備・片付けも手際よくなってきたようです。子供たちが生き生きと学習している様子が、写真からも伝わってきます。このまま平時に近付いていくことを祈っています。

公開日:2022年06月15日 13:00:00
更新日:2022年06月16日 12:33:19

カテゴリ:各学年の様子
感謝の気持ちを動画で

 先週5年担任のK原先生が、「子供たちが宿泊学習のお礼動画を自分たちで作ったので、ぜひ見てください」と言うので、早速見てみました。この学校日記や学校だよりでも書いていますが、行事があるたびに箱根町の小学校では子供たちの異学年交流がさかんに行われます。それだけ縦のつながりが深いということでしょう。修学旅行後の宿泊学習では、5年生におみくじをもらった6年生が、今度はおみくじの入ったお守りや大きなテルテル坊主を4・5年生に送ったとのことでした。また、1・2年生からも事前にビデオメッセージが届いたようです。今回はそれらのお礼にと、5年生が動画をつくりました。
 動画をみてみると、たくさんのお礼の言葉が、卒業式のよびかけのように一人一人から流れていました。「ビデオメッセージをありがとう。とても可愛かったし、嬉しかったです」「給食中に何回も見ました。とても幸せな時間でした」「キャンプファイヤーや火おこしなど、色々な体験ができるので楽しみにしていてください」「4年生をリードしてみて、リーダーの大変さが分かりました」「これからは6年生をサポートできるように頑張ります」・・・。この動画を見てさらに異学年の絆が深まったことでしょう。

 ところで、コロナ禍も3年目に入り、動画づくりなどのスキルが子供たちにはすっかり身に付いたようです。今回の動画もよくできていました。さすが5年生です。

宿泊お礼動画040614.jpg

公開日:2022年06月10日 08:00:00
更新日:2022年06月14日 11:54:47

カテゴリ:各学年の様子
山ねこ、おことわり

4年国語040603.jpg

 先週の6月3日(金)に4年国語科の研究授業があり、県西教育事務所H口指導主事さん、町教委N村指導主事をお招きして、校内研究会を開催しました。授業者は担任のI永先生です。今年度の国語科の研究は、物語文を教材とした授業で行うことになっており、今回は「白いぼうし」と同じシリーズの「山ねこ、おことわり」を教材とする授業でした。4年生は今年度、登場人物の気持ちや性格を想像しながらノートに書いたり、それを友達と交流したりしながら、作品を読み深める活動を積み重ねているところです。本時では、その4月からの成果が感じられる授業となりました。

 まず、教室に入ると子供たちの雰囲気がピリッとしていて、「これから研究授業が始まる」という緊張感が漂っていました。前時までの本文への書き込みを見ると、どの子もたくさんのラインが引かれ、想像したことが書き込まれていました。本時は乗客が山ねこと気付いたときの主人公の松井さんの気持ちを考える活動がメインでした。「送ってあげようかな、いや、送るべきだ」と、松井さんがいろいろなことを考えて「いいです。お送りしましょう」と、決心します。その時の気持ちを子供たちは話し合っていきました。
 I永先生は音読を大事にされていて、授業の中で繰り返し音読をさせていました。そのことで子供たちが単なる想像ではなく、本文に着目して考えるようになります。「山ねこのお母さんが病気で大変そうだから、送ってあげよう」「早く行かないと、病気で死んでしまうかも」「医者である山ねこを送らないと、お母さんの病気が治らない」などと、相互指名で子供たちは発言を重ね、山ねこの状況を心配する松井さんの気持ちを想像していきました。

 授業後の研究協議では、音読や一人読み、意見の述べ方や相互指名の指導方法、必然性のある学習問題の設定などについて協議が深まりました。特に意見発表のスキル(例えば、先に結論を言い、次に根拠を述べるなど)を高めていくと、より互いに理解が深まる話合いとなると思いました。前回の算数に続き、成果だけでなく課題も明確になったよい研究授業であり充実した研究協議でした。
 I永先生は日頃から子供たちのわずかな頑張りや変化を見逃さずに認め、子供たちのモチベーションを高めています。何よりも「やる気のある」子供たちが育っていることがすばらしいことだと思います。今後の4年生の成長が楽しみです。

公開日:2022年06月07日 12:00:00
更新日:2022年06月10日 12:04:41

カテゴリ:各学年の様子
明星展で作品を鑑賞 

明星展040603.jpg

 6月3日(金)に、3年生が箱根町社会教育センターに明星展の鑑賞に出かけました。明星展とは、社会教育センターを定期的に利用している団体で構成された「明星会」主催の作品展です。私もこれまでに何度か足を運んだことがありますが、その作品のレベルの高さに毎回驚かされました。子供たちにとって地域の方が取り組んだ優れた作品の数々にふれる機会は、とても価値のある時間になります。作品の鑑賞だけでなく土粘土でコップを作ったり、お茶を淹れたりする体験もさせてもらい、子供たちは「休日にも来てみようかな」と嬉しそうにしていました。

 今回の3年生は、作品の鑑賞だけではなく、社会科としての「公共施設って何だろう」という視点も大事にして参加しました。「社会教育センターって、どんな所かな」「地域の人たちにとって、どのように役立っているのかな」、このような問題意識をもって施設内を見学して回りました。そして、子供たちは施設内に様々な部屋があることを発見し驚いていました。「卓球できるんだって。やりたい!」「こんなに本があるんだ。今度借りにこようかな」など、社会教育センターにとても興味をもったようでした。
 短い時間でしたが、社会教育センターが地域の人々の交流の場として大事な公共施設であるということを学んだ貴重な時間となりました。社会教育センターの皆様、明星会の皆様、大変お世話になりありがとうございました。

公開日:2022年06月07日 09:00:00
更新日:2022年06月09日 11:50:10

カテゴリ:各学年の様子
自然の中で3年ぶりの宿泊学習

宿泊学習0405-1.jpg

宿泊学習0405-2.jpg

宿泊学習0405-3.jpg

宿泊学習0405-4.jpg

宿泊学習0405-5.jpg

 今日は4・5年生と宿泊学習を引率した5名の先生が振替休業でいないため、いつもより静かな雰囲気の一日となっています。宿泊学習は野外炊事などで制限があったものの、ほぼすべてのメニューをこなすことができ、3年ぶりの野外での宿泊体験で子供たちはたくさんのことを学んできたようです。
 
 宿泊学習のメインはカレー作りです。コロナ禍ということで、今回は村で炊いたご飯とレトルトカレーという組み合わせになりました。かまどに薪を組んだら、火おこし体験で点いた火を使って火を点けました。火おこしはなかなか難しく、火が点いたのは2グループだったようです。その火をみんなで使い、お湯を沸かしてレトルトカレーを温めました。レトルトカレーといえど、みんなで協力して作ったカレーはとても美味しかったことでしょう。
 続いて18時からは、夜の集い(キャンプファイヤー)が始まりました。それぞれのグループごとに出し物を行いました。箱根体操や「猛獣狩りに行こう」など、実行委員のリードもよくみんなで楽しめる出し物が多かったです。5年生は事前によく練習していて、声の大きさや見せ方の工夫など、4年生の手本となっていました。夜の集いの後は、ナイトハイクをしました。雨上がりだったので当初の予定よりもコースを短くして行いました。各ポイントに職員が立って、子供たちはポイントでのお題をクリアしながら進んでいきました。二日目は朝の集いの後、散歩タイムを過ごし、バイキングの朝食となりましたが、みんなもりもり元気に食べました。このようにプログラムの一つ一つを順調にこなすことができ、とても楽しい二日間となりました。

 教頭先生のレポートによると、この二日間で「4・5年生の一体感を感じるようになった」とのことでした。一日目の昼食では4・5年生合同のグループであるにもかかわらず学年で固まって食べているグループもあったようですが、一緒に活動していく中で互いの距離が縮まっていきました。今回の宿泊学習のめあてに「みんなでつくりあげる喜びを感じよう」という言葉がありましたが、楽しいだけでなく、自然とふれあいながら「人間関係をつくりあげる」ことができた二日間となったようです。4・5年生の保護者の皆様、ご協力本当にありがとうございました。
 これで、日光修学旅行・宿泊学習という二つの大きな行事が無事終わり、ひとまずほっとしました。気が付けば、明後日はもう6月。早くも1学期の折り返しをむかえます。子供たちは様々な挑戦や体験を重ねながら、思った以上に日々成長を続けています。

公開日:2022年05月30日 10:00:00
更新日:2022年05月30日 12:09:16