学校日記

カテゴリ 件数 検索
カテゴリ:各学年の様子
おいしい給食ありがとう(1年生) 

 先週の水曜日、1学期の給食が最後でした。私の毎日の給食は少しあわただしい給食でした。だいたい12時頃、検食用の給食が校長室に運ばれてきます。そして、食べる前にホームページ用の写真撮影、明るさなどの編集をします。食べながら、栄養士さんが書いてくれる「栄養士からひとこと」のチェックと記事のアップをします。同時に検食簿に異状のあるなしや感想などを書き込んでいきます。「今日の子供たちは何を食べているのだろう。」と、お昼休みにチェックされる保護者もいらっしゃるので、なるべく早く「今日の給食」の記事をのせています。栄養士さんが一日も欠かさず記事を書いてくれることが、とてもありがたいです。

 そんな栄養士さんと調理員さんに給食最終日、1年生からお礼のお手紙がプレゼントされました。どうやら4月から食べ始めた小学校の給食は、1年生の人気を博していたようです。
 以下、1年生の学級通信からの抜粋です。

~~~14日(水)、朝の支度を終えて子供たちと話していると、「明日になってほしくないな。」という子がいました。「どうして?」と聞くと、「明日は給食がないから。もつと食べたいのに。」「何で給食ないの?」という言葉が返ってきました。給食が終わってしまうことが悲しかったようです。
 子供たちと話をしていると、「先生、今日の給食は〇〇〇が出ます。楽しみ!」「早く給食が食べたい。」など、給食に対してとても関心が高く、毎日話題になります。献立表を見て、まだ習っていない片仮名に苦戦しながら、みんなでがんばって読んでいる姿はとてもかわいらしいです。
 14日は最後の給食の日だったので、毎日おいしい給食を作ってくださっている栄養士さんや調理員さんにお礼のお手紙を書いて渡しました。「いつもおいしい給食を作ってくれてありがとうございます。」「ぼくは、みそ汁が大好きです。」など、一人一人自分の言葉で感謝の気持ちを伝えていました。これからも感謝の気持ちを忘れず、もりもり食べて大きく成長してほしいです。~~~

 しばらく給食とはお別れですが、2学期の給食を楽しみに待ちましょう。

給食感謝2.jpg

公開日:2021年07月15日 14:00:00
更新日:2021年07月19日 09:23:30

カテゴリ:各学年の様子
7人の息を合わせて(2年生)

2年音楽朝会0714.jpg

 今日の朝は音楽朝会がありました。今回は2年生の登場です。前回と同じようにテレビ会議システムをつかって体育館から配信しました。1年生は体育館で鑑賞です。開始前に体育館に行くと、前回の3年生のときと同じように子供たちの緊張感が伝わってきました。担任の先生が子供たちの前で、「一生懸命やればいいんだよ。」と声をかけてリラックスさせようとしていました。たった7人の2年生は、その言葉にすがるように深呼吸するなどしていました。

 朝会はいつものように音楽遊びから始まりました。今回は「おお ブレネリ」を前回よりレベルアップさせた肩たたきをして遊びながら歌いました。これにより、2年生の緊張感も少しほぐれたようです。
 そして、いよいよ2年生の発表です。最初の曲は「子犬のビンゴ」でした。「B・I・N・G・O」のボードを掲げながら、子供たちは元気よく歌うことができました。とても息が合っていて、「本当に7人だけの声なのかな。」と思うくらい声も出ていました。2曲目は鍵盤ハーモニカで「かっこう」を演奏しました。何回も練習している姿を見ていたので見ている方も少し緊張しましたが、よく音がそろっていて練習の成果が十分に発揮されていました。会場の1年生も「鍵盤ハーモニカがすごかった。」「すごく楽しかった。」と、先輩たちの活躍ぶりに刺激を受けていました。

 最後に2年生が感想を発表してくれました。「発表の前は緊張していたけれど、本番はけっこううまくできた。」「練習のときは失敗しちゃったけれど、今日はみんなリズムを合わせてできてよかった。」とのことでした。とても息の合ったチームワークを全校の前で見せてくれた2年生、また一つ大きな経験を積んで自信になったことでしょう。今年度は音楽朝会を実施でき、本当によかったと今日も思いました。

公開日:2021年07月14日 11:00:00
更新日:2021年07月14日 12:00:42

カテゴリ:各学年の様子
おすすめの国プレゼン(6年生)

おすすめの国5.jpg

 1学期も今日を含めてあと4日の登校となりました。梅雨もそろそろ明けそうです。今週に入ってから腰痛が酷くなってしまい、朝昇降口に立つのを火曜日からさぼっています。今日は木曜日なので、事務局委員会のあいさつ運動の声が校長室まで聞こえてきます。先週よりもまたあいさつの声が大きくなり、週ごとにあいさつ運動が活性化しているのがよく分かります。

 さて、今日は英語の話題です。今週の月曜日、英語専科のF先生が「6年生で『おすすめの国プレゼン』をするので、よかったら見に来てください。」と声をかけてくださったので、2校時に6年生の外国語科の授業をのぞきました。教室に入ると何やら緊張感あふれる雰囲気が漂っていて、子供たちが発表のリハーサルをしていました。
 やがて2~3人のグループでのプレゼンが始まりました。各グループが英語でおすすめする国の紹介をしていくのです。子供たちは自己紹介の後、“China is a nice country” “You can see ~” “You can eat~” “You can buy~” “You can enjoy~”というように、見所や観光地、食べ物、買い物や楽しめることなどを紹介していきました。だいぶ緊張していたようですが、グループの息が合っていて、おすすめしたい内容がよく分かるプレゼンでした。中学校に行くと総合の学習などでこのような発表方法をすることが多いので、プレゼンにもどんどん慣れるとよいと思います。英語の発表方法としては、とてもいい方法だなと思いました。
 子供たちが今回紹介した国は、中国・アメリカ・フランス・韓国・イタリア・台湾などでした。私はピザやチョコレートが好きなので、フランスやイタリアに行ってみたいと思いました。また、以前台湾の九份に行ったとき土砂降りの雨だったことを思い出しました。プレゼン画面の美しい九份を見て、また行ってみたいと思いました。
 6年生のみなさん、プレゼン画面と英語の発音がとてもすばらしかったです。最後に感想まで言わせていただきありがとうございました。

公開日:2021年07月12日 13:00:00
更新日:2021年07月15日 08:19:41

カテゴリ:各学年の様子
甘酒茶屋に行ってきました(森の子)

甘酒茶屋0701.jpg

 先週の木曜日、森の子の子供たちが箱根甘酒茶屋を訪問してきました。天気はあいにくの雨でしたが、スクールバスを利用して屋内での活動だったので、無事校外学習ができました。甘酒茶屋の訪問に際しては、6月30日の「学校日記」で電話のかけ方の学習をしたことをお伝えしましたが、その後見事に森の子の子供たちは甘酒茶屋の山本さんとの交渉に成功し、今回訪問が実現しました。職員室に電話をかけてきたときは、みんなとても緊張していましたが、学習の成果が出てよかったですね。

 さて、当日はまずそれぞれの自己紹介から始まりました。自分の好きなことや今頑張っていることなどを一人一人がしっかりと伝えることができました。そして、次は山本さんへの質問コーナーです。当日の朝昇降口で6年生に「今日の訪問頑張ってきてね。」と声をかけると、「はい。たくさん調べてきます。」という力強い返事が返ってきました。その言葉通り、甘酒茶屋の歴史や建物のこと、メニューなどについてたくさん質問ができました。子供たちは山本さんから教えていただいたことを、一生懸命メモしていました。
 そして、最後に昔の道具(背負子・土間を固めるものなど)の体験をさせていただきました。子供たちは今回聞いてきたことや撮ってきた写真をもとに、調べたことをまとめていきます。とても楽しく充実した校外学習となりました。甘酒茶屋には2学期に再び訪問させていただく予定です。山本様、ご対応ありがとうございました。

公開日:2021年07月05日 11:00:00
更新日:2021年07月07日 12:02:42

カテゴリ:各学年の様子
楽しい小物作り(5年生)

5年小物作り.jpg

 梅雨空が続いています。朝の子供たちのあいさつの声も何となく湿っています。そんな中、ある5年生2人のあいさつにいつも心が洗われます。ていねいに立ち止まってあいさつをしてくれる子はたくさんいますが、その日の朝の体調や気分などが微妙に態度に表れる子も結構います。ニコニコとあいさつしてくれた子が、次の朝は声をかけても返事がないというようなことは当たり前のようにあります。そんな中、この2人は昨年からいつも全く変わらないので「すごいなあ」と思っています。大人でもなかなかできないと思うのです。

 あいさつとは関係ないのですが、今日は5年生の家庭科の話題です。
 5年生の家庭科は音楽科との交換授業で、6年担任のKN先生が教えています。私は担任時代、高学年を担当することが多かったのですが、家庭科専科の配置がないときは自分で教えていました。初任校で初めて家庭科を教えた時は、放課後に先輩の女性の先生につきっきりで裁縫の指導について教えてもらいました。ミシンの指導のときなどは本当に憂鬱でしたが、先輩のおかげで何とかなりました。そんな私が総合教育センター指導主事時代、5年経験者研修でICT教材を活用した家庭科授業についての講義をしたことがあります。知り合いの若手教員が研修にきていて、「なぜあなたが家庭科の講義を?」とニヤニヤされたのを忘れません。若手教員に様々な縫い方などを詳しく説明した動画教材を紹介しながら、「自分のときもこんな動画があったらよかったのに。」と強く思いました。
 さて、5年生は現在「フェルト小物作り」をしています。5年生になってから、裁縫セットを使って基本的な手縫いの練習を積んできました。担任の先生が授業の様子を見に行ったところ、子供たちの手際がとてもよくて驚いたそうです。玉どめ、玉結びなども上手で、初めて裁縫を学んだとは思えなかったとのことです。子供たちは、ディッシュケースやペンケース、小物入れなど、フェルトを組み合わせてオリジナルの小物を作っていますが、完成がとても楽しみです。

 それにしても、子供たちをこんな裁縫上手に育てているKN先生、どんな教え方をしているのか興味があり聞いてみたら、やはりICT教材などを駆使して、何度も基本的な縫い方を練習させたとのことでした。ただ、5年生は本当に集中して取り組む子供たちで、サポートに入ってくださっている先生も「こんなに聞いてこない子供たちは初めて。」と、驚かれていたそうです。子供たちは難しいボタン付けもかなり上達しているようなので、これからも自分でいろいろな小物にチャレンジしてほしいと思います。

公開日:2021年07月05日 11:00:00
更新日:2021年07月08日 12:21:56

カテゴリ:各学年の様子
箱根フリーパスを利用して箱根一周(3・4年)

フリーパス1.jpg

フリーパス2.jpg

フリーパス3.jpg

 6月30日(水)に3・4年生が、箱根フリーパスを利用して「箱根一周」の旅に出ました。4年生は本来であれば昨年実施する予定でしたが、コロナ禍で行かれませんでしたので、今年度3年生とともに行きました。この校外学習は箱根町ならではの学習で、様々な交通機関を乗り継いで、箱根町の魅力を改めて感じてくるのがねらいです。本校に来て感じたことですが、やはり学区が広いためか、例えば宮城野の子供たちは芦ノ湖周辺の様子がよく分かっていないなどの実態があります。その意味からもこのような箱根町を広範囲に巡る校外学習はダイナミックであり、机上の学習では得ることのできない学習刺激を子供たちに与えてくれます。

 さて、当日はスクールバスで箱根湯本駅に向かうことから旅が始まりました。当日の天気はあいにくの小雨ですが、4年生は天気など関係ないという様子で朝からテンションが高かったそうです。まず、箱根湯本駅から箱根登山鉄道に乗車しました。この日は何と貸し切りです。箱根登山鉄道の方々が「あじさい列車」に招待してくれたのです。子供たちは車窓から見えるあじさいや景色を堪能し、強羅駅に着きました。
 強羅からはケーブルカーで早雲山駅へ。早雲山駅からはロープウェイで大涌谷駅へ。大涌谷を見学したあとは、再びロープウェイで桃源台に行き、いよいよ楽しみにしていた海賊船に乗って元箱根港をめざ・・・すところでしたが、何と芦ノ湖は霧の中。濃霧のため海賊船が元箱根港まで運行できないということで、急遽一つ前の箱根町港で降りて恩賜公園に向かいました。霧もまた箱根の魅力といってよいでしょう。予定よりたくさん歩くことになったので、箱根恩賜公園で食べたお弁当はとても美味しかったことでしょう。

 一日かけてたくさんの乗り物に乗ったり歩いたりして3年生の子供たちはかなり疲れていましたが、4年生は終始元気いっぱいだったようで、3年担任の先生も「やっぱり一年違うと体力が違うのですね。」と口にしていました。天気には恵まれない箱根一周となってしまいましたが、社会科や総合的な学習で調べている箱根町のことについて、より理解が深まった貴重な体験となりました。この体験がどのような形で学習に生きてくるのか、とても楽しみです。

公開日:2021年07月02日 16:00:00
更新日:2021年07月06日 11:52:55

カテゴリ:各学年の様子
箱根中学校の先生の出前授業(6年生)

出前授業6年体育.jpg

 先週の6月29日(火)、箱根中学校の先生をお招きしての出前授業がありました。出前授業は箱根町の園・小・中一貫教育の取組の一つで、学期に1回以上、6年生を対象として実施している中学校の先生による授業です。今回は、体育科のF先生の授業でした。F先生は箱根中が2校目で、中学校では女子バスケットボール部を担当されているスポーツマンです。授業では、「投げる動き」「体つくり運動」を教えていただきました。6年生の子供たちは緊張している様子でしたが、先生が緊張をほぐしてくださり徐々に笑顔が増えていきました。

 はじめは2人1組のキャッチボールでした。2人1組で行いましたが。途中、先生の手本を見て、よりよい投げ方について考えました。子供たちは先生とのやり取りの中で「肘の位置」「投げる際に出す足」について気付いていきました。その後に再び始めたキャッチボールでは、子供たちはボールを投げる速さや正確さに磨きがかかりました。さすが中学校の先生、教え方も専門的で子供たちがどんどん上達していくのが分かりました。
 その後は、体つくり運動を行いました。始める前に、「どのような運動なのか」「どのような力を付けるために行うのか」を先生が分かりやすく説明してくださったので、子供たちはめあてをしっかりもって取り組むことができたようです。

 授業が終わると、子供たちは「おもしろい先生で安心した!」「楽しかった!」と話していました。運動の技術が向上したことはもちろんですが、子供たちが中学校への不安をまた一つ消すことができた充実した一時間となりました。箱根中学校の先生方、これからもよろしくお願いします。F先生、ありがとうございました。

公開日:2021年07月02日 12:00:00
更新日:2021年07月05日 12:01:50

カテゴリ:各学年の様子
およげないりすさん(2年生)

2年道徳授業6.jpg

 昨日の2校時、2年生の道徳の授業を参観にいきました。以前も書きましたが、担任のSY先生は今年度の道徳教育推進教師です。4月7日の学校日記で紹介した「もりとく通信」の発行は、今週すでに17号となりました。自分の授業の公開のみならず、各担任の道徳授業の参観、協議などをもとに授業の様子や成果と課題などを毎回まとめてくれています。

 本時の内容は「信頼・友情」です。「およげないりすさん」という読み物教材を通して、子供たちに友達と仲良く助け合うことの大切さについて気付かせていきました。かめ、あひる、白鳥が池の島へ行こうとした時、りすが「一緒に連れていってほしい。」と言いますが、3匹は「りすさんは泳げないからだめ。」と断ってしまいます。その後3匹だけで島で遊ぶが楽しくなかったので、3匹はりすに謝り、今度はりすをかめの背中に乗せて、みんなで島に向かうという話でした。
 授業では、島で遊んでいる3匹の気持ちを想像したり、4匹で島に向かう場面を役割演技したりして、友達と仲良く助け合うことのよさを考えていました。また、子供たちはペアになって考えた台詞を言い合ったり、授業を通して感じたことを書いて読み合ったりしながら、これから自分がどうしていきたいかも考えていきました。人数は少ないですが、活発に発言し関わり合う様子が見られ、頼もしく感じました。
 先生の板書もとても計画的・構造的で、子供たちは先生の板書で自分たちの思考の流れを確認しながら、伸び伸びと学習を進めていました。役割演技を自然にできるようになった様子を見て、子供たちが様々な学び方を習得していることもよく分かりました。今回の授業の様子がどのように通信で発信されるのか、楽しみになりました。また、この日の授業では、先生が蒔いた種が少しずつ芽を出し始めているのを感じましたが、おそらくどの学級も同じようなことが起きているのだと思います。学校ではこれから通知表の作成にとりかかりますが、そこには1学期にいろいろな芽を出し始めた子供たちの変容がたくさん書かれることでしょう。

公開日:2021年07月01日 13:00:00

カテゴリ:各学年の様子
甘酒茶屋に訪問のお願いをしよう(森の子)

森の子研究授業.jpg

 明日、明後日と森の子の子供たちは校外学習に出かけます。明日は毎年実施している箱根甘酒茶屋への訪問です。先週の金曜日、甘酒茶屋に訪問のお願いをするために、電話のかけ方をみんなで考えました。校内研究の研究授業でもあったので、多くの先生が参観しました。県西教育事務所の指導主事さんも来校されました。

 この日の目標は「電話において名前を名乗ること、用件、電話の切り方といった簡単な会話の流れが分かる」ことです。初めに電話のかけ方の失敗例の動画を見ました。この動画は、担任の先生や介助員の先生が協力して作成した手作りの動画で、それぞれ「名前を言ってない」「用件を伝えていない」「電話の切り方がまずい」という例を分かりやすく示したものでした。子供たちは動画をもとに、「行く日や何時に行くかを伝えていないよ。」「『失礼します。』と言った方がいい。」などと、意見発表をしながら、電話でのよりよい会話の順番を確認していきました。話し合った後は、一人一人がワークシートに甘酒茶屋にかける電話の内容を書きました。

 授業を参観して、森の子の子供たちが自信をもって堂々と発言しているのが印象に残りました。また、昨年の経験をよく思い出して考えている点もすばらしかったです。明日の校外学習、ちょっと天気が心配ですが、しっかり甘酒茶屋の魅力を調べてきてくださいね。ちなみに明後日は町の特別支援学級のデイキャンプです。こちらもチームワークで頑張りましょう。

公開日:2021年06月28日 10:00:00
更新日:2021年06月30日 12:31:45

カテゴリ:各学年の様子
箱根の歴史を学ぶ(6年生)

歴史.jpg

 先週、6年生が箱根町教育委員会生涯学習課の学芸員の方々から、箱根の歴史について学ぶ機会がありました。

 まず、6月23日(水)は「歴史ガイドツアー」の授業でした。この授業は年に数回、6年生が箱根の歴史を知るために実施しているもので、箱根町の小学校では必須の地域学習として設定されています。今回は学芸員の髙橋さんが講師を務めてくださいました。
 この日の授業の内容は、旧石器時代の箱根の様子についてでした。「宮城野という地名は、萩がいっぱい生えていることから、萩の名所である仙台の宮城野の地名をまねて付けられた。」「箱根で人が活動し始めたのは、縄文時代よりも古い時代である。」「石器に適した石をとるために、人が箱根まで来ていた。」などの話に子供たちは驚きの声をあげながら、箱根の歴史に関心を高めていきました。二ノ平の北畑遺跡から出た土器を見せていただいたりもしました。
 この「歴史ガイドツアー」は、子供たちだけでなく教師も勉強になる授業です。担任の先生もきっと子供たちの様子を見て、「歴史の学習に入ったら、地域素材を教材化して授業してみたい。」と、思ったことでしょう。地域学習では、まず教える先生が「面白いな。」「子供たちにぜひ知ってほしいな。」と思うことが大切です。地域素材の宝庫である箱根で先生をやっているうちに、特に若い先生たちには地域素材を教材化して単元づくりをすることの楽しさを知ってほしいと思っています。

 次の日24日(木)は学校公開日で「わらじ作り」の体験活動を行いました。この日も生涯学習課の方々が講師として、わらじの作り方を教えてくださいました。6年生はおうちの人と一緒に一生懸命わらじを編んでいました。6年生にとって、歴史に親しむことができた二日間、生涯学習課の皆様には大変お世話になりました。ありがとうございました。6年生は社会科で歴史を学ぶ日を楽しみにしていてください。また、早くクマがいなくなって、わらじ歩きが実現するとよいですね。

公開日:2021年06月25日 10:00:00
更新日:2021年06月28日 12:00:34