カテゴリ:各学年の様子
食の大切さを学ぶ(6年生)

 冬休みに6年生が取り組んだ家庭科調理実習の学習カードが昇降口に掲示されています。それぞれの学習カードからは、子供たちの頑張りはもちろんのこと、保護者の方々がご協力してくださった様子が感じられ、大変ありがたく感じます。
 今回の調理実習では、「いろどりいため」を通して、栄養バランスを考えた料理計画の立て方や調理の仕方を学習しました。子供たちの学習カードを見ていると「調理の分析」「自己評価」「よりよい調理へ向けた工夫」「調理への意欲」が書かれていました。今まで学習したことを生かしながら、自分の考えや思いをしっかりと表現することができていて、「さすが6年生だ。」と感じました。
 6年生になり、「食」への意識が高まったことは、給食の時間にも表れているようです。5年生までは、給食が残ってしまうことも多かったそうですが、6年生になってからは、「クラス全体で給食を残さないようにしよう。」と、ほとんどの子が完食するようになりました。これからも栄養をしっかり摂って、中学校生活を健康に乗り切れるような体をつくりましょう。

6年家庭科2.jpg

奉仕5.jpg

公開日:2021年02月16日 11:00:00
更新日:2021年02月17日 12:10:29