カテゴリ:K's Room
53人 / 123人中

webmail0728.jpg

 7月が終わろうとしていますが、今日も梅雨のどんよりとした天気が続いています。学校はいつもの夏よりも涼しくて、運動場での体育などは熱中症の心配も少なく、そういう意味ではありがたいです。朝、栄養士さんから「2年生の畑でとれたピーマンを今日の給食のカレーに入れます。」と報告がありました。こんな天気が続いても、しっかり世話をすれば野菜は育つのですね。おかげで給食がさらにおいしくなりました。

 今日の朝は昇降口で子供たち一人一人にあいさつをしながら、実はある数を数えていました。それは、「自分はここまでで何人の子供たちの名前を覚えることができただろうか。」です。今年度の森小の人数は123人です。結果、フルネームではないにしろ名前が分かった子供は53人でした。マスクをしているから顔の半分はよく分かりませんが、それでも、53人の顔と名前がこの短い間に一致するようになりました。年々物覚えが悪くなってきたので、自分としてはまずまずの数かなと思っています。

 その中で、「朝、あいさつを気持ちよくしてくれた人」「あいさつだけでなく、『朝会のクイズ面白かったです。』などと声をかけてくれた人」「『〇〇校長先生』と名前で呼んでくれた人」などはやっぱり早く覚えました。すぐに「あの子は何ていう名前?」と近くの先生に聞いたり上履きの名前をチェックしたりしたからです。あいさつは、人と人とを近づけます。夏休みに子供たちは、学校以外で色々な人に会う機会が多いと思います。ぜひ夏休み中のあいさつも頑張ってほしいと思います。私も2学期には早く全員の名前を覚えるようにがんばりたいと思います。

公開日:2020年07月28日 12:00:00