学校日記

カテゴリ 件数 検索
カテゴリ:K's Room
1学期の終業式を行いました

終業式030720.jpg

 本日、運動場で1学期の終業式を行いました。3・6年生の児童代表の言葉、校長の話、校歌斉唱などの通常プログラムで実施するのは本当に久しぶりです。
 校長の話では、1学期子供たちがよく意識して取り組んだあいさつのことを中心に話しました。あいさつ以外にも、この1学期は子供たちの大きな成長を感じました。本日渡した「あゆみ」には、それぞれの子供たちが頑張ったことがたくさん書かれています。私も全員分読みましたが、2学期のさらなる成長が楽しみになる内容でした。本当にすばらしかったと思います。
 さて、明日からは子供たちにとって待ちに待った夏休みです。昨年度はいつもの半分の休みでしたが、今年はたっぷりあります。普段できないようなことにたくさんチャレンジしてくれるとよいです。また、コロナ禍は続いていますので、感染症対策をしっかりとして安全な休みにしてほしいと思います。
 それでは、8月25日の全校登校日に元気な子供たちに会えることを楽しみにしています。保護者の皆様、1学期も教育活動へのご理解・ご協力をいただき改めて感謝申し上げます。ありがとうございました。

公開日:2021年07月16日 08:00:00
更新日:2021年07月20日 09:45:35

カテゴリ:K's Room
学校生活アンケートの結果から

のんびり2.jpg

 だんだんと本格的な夏が近づいてきています。文書処理をしていたら教頭先生から「アリの行列ができています!」と報告を受けたので外に出てみました。確かにイノシシが掘り返した土のところから長い列ができていました。教頭先生は「いつまで見ていても飽きないんですよね。」と言いながら、校務員さんとひたすらアリの列を追っていました。すぐ近くの学級園では、2年生が夏休みに備えて草取りをしていました。何かのどかな夏休み前の学校です。

 昨日、先月実施した学校生活アンケートの集計結果が回覧されてきました。相変わらず自己肯定感や自己有用感が低いことが気になりました。「自分が好き」「自分は役に立っている」という項目の自己評価が上がらないのです。本校だけでなく、箱根町全体の課題といえると思います。回覧用紙には児童指導担当のT先生のコメントが付いていて、「(子供たちが)どうしたら役に立っていると思えるようになるのか、皆さんで考えていきましょう。」と書かれていました。私も「もう一度、自己肯定感や自己有用感を育てる具体的な手立てを考えていく時期かな。」と、T先生と同じことを感じました。同時に「学校だけが意識して取り組むのではなく、家庭や地域、特に家庭との連携が必要だな。」とも思いました。

 箱根教育の「徳育」では、豊かな人間性や社会性を育み、信頼される人への根っこづくりを大切にしています。その土台としての「心」づくりは、学校・家庭・地域が連携して取り組むべき大きな課題であると考えています。自己肯定感を育むために、学校では意識してあらゆる場面で子供たちをほめ、子供たち同士で成長や活躍を認め合う場をつくってきています。
 自己肯定感とは、「自分は自分でいい。」という自分の存在に対する自信のことです。人間にはできることもあるし、できないこともあります。そのありのままを「ほめて」「認めて」あげることが、自己肯定感を高めることにつながります。また、結果に対して「頑張ったね。」「よくできたね。」という言葉は確かに子どもたちの自信につながるのですが、それよりも「頑張っているね。」「ありがとう。」と、過程をほめたり、やろうとした意欲に対して嬉しいと伝えたりすることの方が、子どもたちの前向きな気持ちが育ちます。
 ただ、そうは言っても学校や社会ではどうしても結果が評価される場があります。しかし、家庭にはそれがありません。家庭は学校以上に、「自分はこれができなくても、存在する価値があるのだ。」という心を育てることができる場であると思います。このように、子どもたちの自己肯定感や自尊感情は、やはり家庭教育が土台となって育つものであると思っています。そして、学校はこまめに子どもたちの様子を家庭に発信していくことが大切だと考えています。これからも学級だよりやホームページだけでなく、教育相談や連絡帳などでもできる限りそれぞれの子どもたちの頑張っている姿を家庭に伝えていきたいと思います。

 来週の火曜日は1学期の終業式を迎えます。子供たちに「あゆみ」を渡しますが、そのとき担任の先生はきっと「子供が輝く、黄金のひとこと」を言葉で添えることでしょう。ご家庭においても、子供たちが前向きになれるような言葉を用意してくださるとありがたいです。

公開日:2021年07月15日 10:00:00
更新日:2021年07月16日 10:58:56

カテゴリ:K's Room
ニコニコグループの活動が始まりました

ニコニコ0707.jpg

 先週の7月7日(水)に今年度のニコニコグループ(縦割り班)の活動が始まりました。この日は第1回目ということで、顔合わせから始まります。これから一年間、一緒に遊んだり協力し合って活動をしたりする仲間との最初の出会い、子供たちはやや緊張気味にその時間を迎えました。
 「始まりました」と書きましたが、すでに活動を始め準備をしている学年がありました。それは、もちろん最高学年である6年生です。学級では、これまでの森小のニコニコグループ活動の振り返りからスタートしたようです。「楽しい思い出がたくさん残っているのは、やはり過去の6年生のおかげ」「自分たちも下級生に優しくして、楽しい活動にしたい」、このような意見が出て、改めて最高学年としての役割を確認して準備に臨みました。

 そして当日、そんな6年生のリーダーシップを期待して、6年担任の先生は校内をグルグル様子を見て回っていました。すると、それまでの準備の成果が表れていて、自己紹介の仕方を工夫したり、下級生に分かりやすくゆっくり話したりする姿がありました。また、緊張している下級生に寄り添う姿も見られました。校内放送をつかっての呼びかけもしっかりできました。
 私も6年担任の経験が多かったのでよく分かるのですが、6年生が全校の場に出るとき、それまでの準備には相当時間がかかります。今回のように事前に全員で大切にすることや工夫したいことを共通理解し、緊張感をもって当日に臨む姿はまさに最高学年としての姿です。その後の学級通信を読むと、当日の振り返りを全員できちんと行っていることも分かりました。「下級生の不安をやわらげることができた」というよさもあり、「今度はもう少し計画的に進めたい」という反省もあったようです。振り返りをしたことによって、次の活動がよりスムーズにいくはずです。
 6年生も下級生も緊張感をもってスタートした今年度のニコニコグループ活動。森小らしい学年をこえた子供たちの絆が、また今年もたくさん生まれることでしょう。

公開日:2021年07月09日 09:00:00
更新日:2021年07月12日 11:58:53

カテゴリ:K's Room
みんなにできること~健康・清掃委員会 

 7月7日(水)にテレビ会議システムをつかって朝会を行いました。今回の担当は健康・清掃委員会の児童です。「みんなにできること」と題して、新型コロナウイルスに感染しないために、自分たちでできることを改めて確認しました。来週、学校は夏休みに入ります。休み中も自分たちで意識して感染予防に努めていかれるよう、この時期に再確認する機会を設けました。
 
 当日は、健康・清掃委員会の子供たちが何度も撮影して作成した動画を視聴しました。「みんなでとりくもう!」では、「3密をさけること」「換気につとめること」「手洗いをこまめにすること」「いつも清潔なハンカチをポケットに入れておくこと」「友達との距離をたもつこと」「マスクを正しくつけること」などを確認しました。また、これから暑くなり熱中症の心配もありますので、マスクを外してよいときの確認もしました。さらに、手洗いの仕方を動画に合わせてみんなでやってみました。
 これらのことは、もうあえて確認するまでもなくみんなが分かっていることですが、やはり時間が経つと私たち教師も含め気が緩んでしまうこともあります。「このときは気を付けたけれど、このときはスルーした。」ということがないように、一貫性をもった指導をしていくことが大切です。その意味からも、今回の朝会はよいタイミングであったと思います。

 最後に、「みんなが笑顔で過ごせますように」ということで、委員会の児童から次のようなメッセージがありました。
「もし、新型コロナウイルスに感染した人がいても、悪口を言ったりみんなで責めたりするのはよくありません。それよりも、温かい言葉をかけて励まし合い、一人一人が自分のできる予防法をしっかりと行うことが大切です。」
 万が一のとき、情報を素早く共有し対応することはもちろん大切です。そして、人権的な配慮はもっと大切です。ここをしっかりやれるかどうかは、子供たちではなく、私たち大人の意識にかかっていると思っています。

 健康・清掃委員会のみなさん、ありがとうございました。

健康4.jpg

健康5.jpg

公開日:2021年07月07日 11:00:00
更新日:2021年07月13日 16:24:15

カテゴリ:K's Room
7月の生け花

7月いけ花0706.jpg

 本日の午前中お花ボランティアさんが来校され、お花を生けてくださいました。アジサイがとても鮮やかです。校長室も花のおかげで落ち着いた雰囲気になりました。

 今回のお花は、アジサイ、アワ、キンギョソウ、リンドウ、ケイトウ、ギボシ、スプレーキク、ウツギ、イワナンテン、カーネーションです。お花ボランティアのみなさん、今日も大変ありがとうございました。

公開日:2021年07月06日 11:00:00

カテゴリ:K's Room
観光学習推進プロジェクト

プロジェクト7.jpg

 7月6日(火)に湯本小学校を会場にして、「観光学習推進プロジェクト」を開催しました。箱根一貫教育の研究組織の一つで、各校の総合的な学習の時間の担当教員を中心に、箱根町の観光学習を推進するための研究を行っています。本校の担当は専科のSF先生です。とてもICTに長けている先生です。管理職の担当は私と湯本小の教頭先生で、町指導主事さんと県西教育事務所指導主事さんにも関わっていただいています。

 学校の教員用・児童用のPC・タブレットには「テーマワークス」という箱根の自然・歴史・文化などを学べるICT教材が組み込まれています。その中に観光学習(簡単にいうと箱根町の地域学習のこと)のコンテンツを作成し、教員や児童が地域学習で使える教材を充実させていこうというのが、今年度の研究内容です。各学校で各学年の先生の実践をもとに、写真や説明文などのページを作り、次年度以降の学習に活用できるようにしていく予定です。本校ではSF先生が、担任が新たなページを作ることができるようにテーマワークス編集方法の研修会を開いてくれました。

 この日は各校で作成したコンテンツの情報共有や進捗状況の確認などを行いました。コンテンツが完成すれば、3小学校で実践している観光学習の内容が見られるようになり、子供たちは学区だけでなく町内の情報を多く得ることができます。また、作成したページを教師が授業で活用したり、子供たち調べ学習にも使ったりできるようになります。
 今年度の研究では、箱根中学校の観光学習の授業を参観することも計画しています。私たち箱根町の教員は、校内の研究だけでなく町内の小中学校の教員とも連携してこのような研究を年間通して進めているのです。

公開日:2021年07月05日 11:00:00
更新日:2021年07月09日 12:15:16

カテゴリ:K's Room
あいさつ運動始まる

0702雨.jpg

事務局委員会あいさつ.jpg

 今日は町の特別支援学級デイキャンプが実施されました。箱根中学校でボッチャをみんなで楽しみ交流しましたが、その後の湯本小の仲間とともに芦ノ湖キャンプ村に施設見学等に行く計画は中止になりました。これは、昨日「桃源台方面でクマの糞が見つかった」という情報があったためです。本当にいろいろあります。さらに本日予定していた6年生の「わくわくフライデー」が、大雨のため延期となりました。これは、箱根町と横浜国大の連携事業で、大学生10人が自分たちで作成した教材を使って6年生に授業をするという企画です。6年生は結構楽しみにしていたようなので、残念でした。
 
 こんなドタバタの週末となりましたが、子供たちは「大変だった。」「濡れた。」と言いつつも朝はいつも通り元気に登校してきました。そういえば、昨日は昇降口に高学年の子供たちが数名並んで、登校してくる仲間一人一人にあいさつをする様子がありました。事務局委員会の子供たちで、担当の先生と共に「あいさつ運動実施中」「いつでもあいさつを心がけよう!」「相手の目をみてあいさつしよう!」などのボードを手に持っていました。
 先日の代表委員会で、2学期からニコニコグループであいさつ運動をすることが決まったのですが、1学期は事務局委員会が週に一度、7月の木曜日に昇降口や玄関前などに立ってあいさつを投げかけることになったようです。様子を見ていると、まだ表情もこわばっていて緊張しているのが伝わってきました。しかし、事務局さんの姿を見つけた子供たちは、いつも以上にあいさつを意識して通り過ぎていきました。また、1年生の何人かは何回も様子を見に来ては、「ぼくもあいさつ運動したい。」「あいさつ運動一緒にやりたい。」と口にしていました。あいさつ運動の初日、効果は絶大のようでした。
 まだまだ梅雨空が続きますが、元気なあいさつでジメジメした雰囲気を吹き飛ばしていきましょう。


※本日は午前に出された気象予報にもとづいて、給食後一斉下校の措置をとらせていただきました。保護者の皆様にはご多用のなか、急なご対応を大変ありがとうございました。結果、午後に豪雨にはなりませんでしたので、状況を先読みし判断することの難しさを改めて感じましたが、今後も心配があるときは早めに判断していくことになりますので、ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

公開日:2021年07月02日 09:00:00
更新日:2021年07月02日 15:13:17

カテゴリ:K's Room
スローガンを実践しよう 

代表委員会1.jpg

 本日の昼休みに第2回の児童代表委員会が開催されました。議題は「スローガンを実践しよう」です。前回の代表委員会で今年度のスローガンが「協力からつなぐ元気な森小」に決まりました。今回はこのスローガンを実践するための具体的な取組について意見交換をしました。
 事務局からは、全校の取組として「スローガンを校内に掲示する」「ポスターを作り各学級に配付する」などの啓発活動や「ニコニコグループであいさつ運動を行う」などの実践活動の提案があり可決しました。また、各学級や各委員会での取組についても報告がありました。今年度もスローガンを柱にした、工夫した取組が巻き起こりそうで楽しみです。事務局の会の運営もよく準備されていて、とてもよかったです。

 ところで、先日5年生の例をもとに学級目標について話題をあげましたが、先週の1・2年生の学級通信にも学級目標が決まったという内容の記事が掲載されていました。何度も子供たちには話していますが、いったん立てた目標を大事にできるところが森小の子供たちのよいところです。また、最終的にそれぞれの発達段階や集団の実態に合った目標となっているところを見ると、先生方が安易に目標設定をせず、子供たちに自分たちをじっくりと振り返らせていることが分かります。1年生の学級通信には「活動のたびに学級目標を振り返りながら指導していきたいと思います。」という言葉がありました。このようなことを繰り返しながら、目標は本当に意識できるようになっていくのだと思います。森小の子供たちが目標を大事にできるのは、こうした先生方の意識が土台となっているからです。

公開日:2021年06月23日 12:00:00
更新日:2021年06月23日 18:21:17

カテゴリ:K's Room
6月の生け花パート2

0622-1生け花.jpg

0622-2生け花.jpg

 本日の午前中お花ボランティアさんが来校され、お花を生けてくださいました。6月になり2回目です。とてもきれいで、新しいお花になるたびに気持ちをリフレッシュできます。

 今回のお花は、ヤマボウシ、ガクアジサイ、大玉アジサイ、ウツギ、カーネーション、ローズヒップ、ビワ、ツツジ、京かの子、デルヒニューム、ビジョ柳花、スターチスです。最後のスターチスは「何だっけ?」と、みんな花の名前が出てこなかったのですが、教頭先生が「スターチスですよ。」と教えてくれました。昔、花屋さんでアルバイトをしていたとのことでした。さすが教頭先生です。
 お花ボランティアのみなさん、今日も学校に元気の素を届けてくださり大変ありがとうございました。

公開日:2021年06月22日 13:00:00

カテゴリ:K's Room
第78回全国小学生歯みがき大会(5年生) 

歯科指導.jpg

 6月16日(水)の4時間目に、5年生が「第78回全国小学生歯みがき大会」に参加しました。この大会は公益財団法人ライオン歯科衛生研究所等が主催し、全国及び海外から毎年多くの小学生が参加しています。今回は養護教諭のH先生による授業という形での参加です。

 授業では始めに、歯みがき博士と助手のライオンちゃんと一緒に友達と話し合いながら『「健康な歯茎」と「歯肉炎の歯茎」の見分け方』や『歯についた白くねばねばした物の正体』を解き明かしていきました。小学生の3割が歯肉炎に罹っていると聞いて、子供たちはとても驚いていました。
 次にDVDを視聴しながら、歯みがきの仕方を学びました。歯みがきの三つの基本「1歯ブラシの毛先を歯の面にしっかり当てる」「2小さく動かしてみがく」「3軽い力でみがく」ことに加え、凹凸でへこんでいる所は歯ブラシを縦に当てたり横に当てたりしながら20回以上みがくことなどを確認しました。

 授業後にH先生が子供たちに感想を聞いたところ、「家で20回歯みがきをしたら、すっきりした。」「デンタルフロスを使ったら歯垢が取れた。」「鏡を見たら奥歯が黄色だったので、早速今日の歯みがきをしたらきれいになった。」などという反応が返ってきたそうです。大人になっても健康な歯や歯茎を保つために、この日の授業を忘れず毎日歯みがきをしてほしいと思いました。

公開日:2021年06月22日 11:00:00
更新日:2021年06月25日 12:10:22