学校日記

カテゴリ 件数 検索
カテゴリ:各学年の様子
座右の銘(6年生)

 Tomorrow is another day・・・、これは私の座右の銘です。仙小の時、運動会でそろえた職員ポロシャツにもプリントしてもらいました。日本語でいうと「明日は明日の風が吹く」です。仕事がたてこんだとき、どうにも物事が解決にいたらないとき、どうしてよいか分からないとき・・・、人生にはピンチがつきものです。そんなとき私はいったん頭の中をリセットし、明日の自分に任せてしまいます。6年生では国語の学習でそんな座右の銘について学習し、自分の心の中に留めておきたい言葉について考えたそうです。以下、担任のK藤先生からのレポートです。

 子供たちは自分の座右の銘を決めるために、まずはタブレット端末を使って自分に合う言葉を探しました。探すためのヒントとして、「自分はこういう人になりたいという思い」「好きな有名人が言っていた言葉で心に残っているもの」を探してみました。すると、なかなかいい言葉がたくさん見つかりました。
 次に、「四字熟語でもいいのかな」「この言葉いいな」「私は〇〇だから」などと口にしながら、座右の銘を真剣に考えていきました。見つけた座右の銘の発表では、「〇〇さんの言葉がよかった」「思いつかなかったけど、〇〇さんの言葉が自分の中で心に残ったから、座右の銘にした」など、友達が見付けた言葉のよさについて考えながら、自分の座右の銘を決めました。子供たちが見つけた座右の銘には、「雲外蒼天(苦境の中でも努力して乗り越えれば、その先には明るい未来が待っている)」「熟慮断行(十分に考えた上で思い切って実行する)」など、なかなか難しいいい言葉がありました。

 座右の銘は、自分自身の目標。「できていない」ではなく、「こうでありたい」と思い続けることが大切(担任のK藤先生談)です。今後子供たちは様々な経験をする中で、また大切にしたい言葉が見付かるかもしれません。みなさんの座右の銘は何ですか。ちなみにK藤先生は「何事にも感謝」とのことです。すばらしいですね。一応近くにいた教頭先生やO木先生にも聞いてみましたが、「座右の銘はありません。何事も柳のように受け流します」とのことでした。

座右の銘.jpg

公開日:2022年01月24日 14:00:00
更新日:2022年01月24日 15:02:13

カテゴリ:K's Room
タイムカプセルの話

 年明けに突然20年前に担任した教え子から連絡がきました。真鶴町の学校にいたとき、3・4年と2年間担任したYさんという女性です。現在は新潟に住んでいて、今は一児の母となっているとのことでした。そして、「先生、2022年2月2日が近づいています。タイムカプセルを掘り出すんですよね?」と確認されました。4年生の総合で映画を作り、ラストシーンで埋めたタイムカプセルを今年の2月2日に掘り出す約束をしたはずだというのです。もちろん覚えていましたが、「これはまずいことになった」と、思いました。

 実は、私はこの学校を異動することになったとき、子供たちに内緒でタイムカプセルを掘り出し、自宅で保管しようと考えたのでした。カプセルを1m以上の深い穴に埋めることができなかったため、土の中の温度変化でタイムカプセル内が結露し、手紙や写真なども文字が消えるなどひどく劣化してしまう可能性が高いからです。当時の子供たちの約束が「20年後」だったので、劣化がそんなに進まないうちに掘り出しておこうと考えたのでした。
 しかし、その時、なぜか掘ってもタイムカプセルは出てこなかったのです。映画の映像も見直して、埋めた位置を再確認して掘っても見つかりませんでした。「きっと教え子の誰かがいたずらで掘り起こしちゃったのだろう」「20年も先のこと、30歳になって覚えているかな」、そんなことを考えながら、少しショックを受けて私は異動しました。ちなみにその数年後に担任した4年生のクラスでも大きなタイムカプセルを作ったのですが、その時は土に埋めずに私が家で保管することになったので、無事10年後の真鶴町の成人式で中身を教え子たちに手渡すことができました。

 20年なんて本当にあっという間に過ぎるものです。Yさんは、2月2日が迫っているのでみんなと連絡を取り合いたいとのことでしたが、残念ながら集まりはコロナのことがあり、しばらく実現しなそうです。肝心のタイムカプセルのことは事実を伝えれば残念がると思いますし、掘り返して出てこないのも何だか・・・。そういえば先週の金曜日、あるテレビドラマの第一話を見ていたら、同窓会でタイムカプセルを掘り出すシーンがありました。「これを見て思い出した」なんていう教え子もいたかもしれません。どうしようか悩み中です。

公開日:2022年01月20日 14:00:00
更新日:2022年01月21日 13:54:18

カテゴリ:K's Room
5年生主体の児童会活動がスタート

代表委員会0120-1.jpg

 本日、第4回の児童代表委員会が視聴覚室で開かれました。議題は「6年生を送る会について」でした。いよいよ6年生から5年生に全校のリーダーをバトンタッチする時期がやってきました。今日は議長も提案者も書記もすべて5年生による運営でした。スムーズに議事を進めることができて、すばらしかったです。

 「6年生を送る会」には、二つの大事な要素がつまっています。一つは、これまで森小を支えてくれた6年生に感謝の気持ちをしっかり伝え、6年生に楽しい思い出を作ってもらうこと。もう一つは、全校のリーダーになるための「登竜門」である送る会を、5年生が自分たちの力で運営し自信を付けていくことです。これから、各学年をまとめながら頑張ってほしいと思います。
 今日の話し合いの結果、送る会では「各学年の出し物」「思い出タイム(写真を映す)」などのプログラムや飾りつけの分担、プレゼントの内容などが決まりました。原案に対する修正案もいくつか出されているのを見て、「各学年それぞれよく話し合ってきたな」と感じました。今年もいい送る会になりそうです。

 2月末のコロナの状況がどうなるか分からないので、全校で体育館に集合してできなかったときのために子供たちは二本立ての案を考えていました。これからは二本立ての計画が当たり前のようになっていくことでしょう。

公開日:2022年01月20日 13:00:00
更新日:2022年01月20日 14:02:34

カテゴリ:各学年の様子
木の実クラフト~ふれあい活動(2年生)

森のふれあい館.jpg

 本日、2年生が箱根町立森のふれあい館で、木の実クラフト(マグネット作り)に取り組みました。本校の学年ふれあい活動のトリとなります。学年委員さん、計画段階から大変ありがとうございました。
 帰ってきてから担任のS藤先生からさっそく報告がありました。様々な木の実が用意されていて、子供たちは「どれを使おうかな」と迷っていたようですが、いつも以上に集中して作業に取り組んでいたとのことでした。保護者と子供たちも和気藹々、「いいね」「こうすればいいんじゃない」などと話しながら、最後まで楽しく活動できたようで本当によかったです。子供たちは完成させた作品をお互いに見せ合って、達成感を味わっていたようです。
 ふれあい活動を通して、また一つ2年生の楽しい思い出ができてよかったですね。

公開日:2022年01月19日 16:00:00

カテゴリ:今日の給食
1月24日(月) 今日の給食

給食0124.jpg

【今日の献立】
・ごしょくご飯、牛乳、栄養みそ汁

【栄養士からひとこと】
 1月24日は給食記念日です。箱根の森小学校では、24日から28日までを給食週間として、リクエスト給食やセレクト給食、昔の給食の献立、放送では給調理員さん&給食クイズがあります。(大豆つかみチャレンジは延期します)
 今日の五色ご飯と栄養みそ汁は、大正時代の代表的な給食です。大正12年に子どもたちの栄養改善のための方法として、学校給食が国から奨励され広まっていきました。五色ご飯や栄養みそ汁にはたくさんの野菜やさといも、だんごなどが入っていました。大正時代の給食は、肉や魚などの主菜が少ないかわりに、炭水化物が多かったそうです。

公開日:2022年01月19日 11:00:00
更新日:2022年01月24日 12:05:16

カテゴリ:各学年の様子
日本の伝統的な遊びを楽しむ(3年生)

 3年生が先週、福笑いに挑戦しました。今後、総合で富士屋ホテルの海外出身社員の方々と交流をする予定ですが、そのときに日本の伝統的な遊びを紹介して、一緒に楽しもうと計画しているようです。
 福笑いは江戸時代の後期から遊ばれ始め、明治時代にはお正月の遊びとして定着していたとのことです。最近は家庭で遊ばれることはほとんどなくなりましたので、子供たちも新鮮だったのか、とても楽しそうに取り組んだようです。グループごとに遊びましたが、遊びながら笑い合う姿がたくさん見られたそうです。「笑う門には福が来る」・・・新年から友達同士たくさん笑い合った3年生、今年はいっぱいいい事がありそうですね。

3年福笑い.jpg

公開日:2022年01月18日 07:00:00
更新日:2022年01月18日 12:09:01

カテゴリ:K's Room
噴石から身を守る~避難訓練 

避難訓練噴火.jpg

 先週の金曜日に「箱根や真が噴火し、噴石がとんできた」という想定のもと、今年度3回目の避難訓練を実施しました。火山噴火の避難についてはこれまであまり訓練してきませんでしたので、私たちも手探りの状態での実施でした。
 まずは、火山噴火について知ること、火山噴火の時に何が起きるのか知ること、どんな危険があるのかを知ることが大切ですので、担当のM星先生が作成した事前指導用のプレゼンを見ながら、「こんな時どうすればよいのか」を事前に各学級で学習しました。
 当日は、昼休みに訓練を実施し、様々な場所にいる子供たちがどのように避難できるのかを確認しました。「教室では窓ガラスから離れて、頭を守りながらしゃがむ」「運動場にいた時は体地下や校舎内に移動して、頭を守る」など、それぞれの場所で、自分で避難場所や避難方法を考えて動きました。

 私は当日、出張していて様子を見ることができませんでしたので、教務の先生が撮影してくれた動画を見ました。すると、わりと整然と避難している子供たちの様子が映っていました。ただ、場所によっては避難方法について子供たちが戸惑っていたこと、避難後の安否確認など私たち教師側の連携についてうまくいかなかったことなど課題はたくさんあったようで、学校に戻ると職員室で級外の先生方がいろいろとうまくいかなかったところを話し合っていました。やってみて初めて分かるところが多く、そういう意味では、価値のある訓練となったと考えます。
 今回実施した訓練の振り返りをしっかり行い、改善点を明確にして今後も訓練を積み重ねていこうと思います。

 訓練終了後、泥がつくなど汚れてしまった箇所を6年生がきれいに掃除してくれたそうです。さすが6年生。どうもありがとう。

公開日:2022年01月17日 12:00:00

カテゴリ:K's Room
箱根中学校の3年生と面談をしてきました

 令和元年度より、小中一貫教育の取組の一つとして、小学校長による中学3年生の面接練習を行っています。本日、高校入試を控えての練習に半日時間を割いて協力してきました。今年度私は14名を担当しましたが、私が知っている仙小出身の子は2名だけでした。生徒たちもよく知らない校長の方がより緊張感が出て練習になるため、私が担当した子は森小出身の子が多かったです。
 毎年感じるのですが、中学3年生との対話を通して、小学校卒業後の三年間の成長のすごさを感じます。将来に対するビジョンがあることはもちろんのこと、自分のことをよく分析できていたり周囲との関係を大事にしようとしていたり、6年生の時と比べて一段と大人になっていることが分かりました。それから、一番「いいな」と感じたことは「自分を支えてくれた周りの人たちへの感謝の思いを多くの子がもっている」ということです。改めて箱根の子供たちのよさを知ることができ、私たちも有意義な時間を過ごすことができました。

 今日は子供たちの成長と同時に、その土台づくりをしている小学校教育の大切さも痛感するところがありました。学力の向上や心の教育など課題は多いですが、今後も子供たちの先のことをよく考えて教育活動に取り組んでいきたいと思います。

公開日:2022年01月14日 14:00:00

カテゴリ:K's Room
書き初めにそれぞれの思いをこめて

書き初め0112.jpg

 寒い中ですが、子供たちのニコニコグループによるあいさつ運動の声が朝から響いていました。始業式の日に町教委のN村指導主事さんが来校されましたが、「森小の子供たちはフレンドリーで、たくさん声をかけてくれて癒されます」というお話をしてくださいました。休みが明けても自然にあいさつできる子(あいさつが身に付いている子)が多く、すばらしいと思います。

 さて、昨日と今日書き初め会があり、2年生は硬筆、3年生以上は毛筆に取り組みました。毛筆では、3年生が「友だち」、4年生は「美しい空」、5年生は「新しい風」、6年生は「将来の夢」を書きました。写真は昨日の高学年の様子です。1年生は明日硬筆に取り組む予定です。
 書き初めは昔から続いてきた正月の伝統行事でもとは宮中の行事でしたが、明治以降学校教育で盛んになりました。ただ書くだけでなく、字がきれいになったり色々な目標が達成できたりすることを願って書くと、また違った気持ちで書き初めに取り組めます。
 子供たちはとても集中した雰囲気で、思い思いに書き上げていきました。特に6年生は、静かな緊張感の中、4月からの中学校生活やその先の夢を思い描きながら、一字一字大事に筆を入れていたようでした。
 森小にとって、そして子供たちにとって良いことがたくさんある一年にしたいものです。

公開日:2022年01月13日 09:00:00
更新日:2022年01月13日 12:06:23

カテゴリ:今日の給食
1月13日(木) 今日の給食

給食0113.jpg

【今日の献立】
・ハンバーガー、牛乳、ミネストローネスープ、いよかんゼリー

【栄養士からひとこと】
 今日から、3学期の給食が始まりました。今年最初の給食は、みんな大好きなハンバーガーにしました。おせち料理やお餅の料理を食べていると、そろそろ食べたくなりますよね。
 いよかんは、みかんの仲間で日本が原産とされ、明治時代に山口県の萩市で発見されたそうです。現在では主に愛媛県で生産され、伊予の国(愛媛県)から「伊代柑」と名付けられたようです。みかんによく似ていて、大きめで皮がやや厚く、香りが強くの濃厚な味わいです。収穫は11月ころから2月頃までです。みかんの仲間は、たくさんあり、これから次々と旬をむかえます。給食でも紹介していきたいと思います。

公開日:2022年01月12日 09:00:00
更新日:2022年01月13日 12:06:05